TOKYO
LEAD FUND

東京リードファンドとは

東京リードファンドは、不動産特定共同事業法に基づいた商品です。対象不動産から得られる賃貸利益や売却益を分配原資とする不動産投資型の商品設計です。需要の高い首都圏を中心にファンドを展開し、また空室保証と優劣出資を組み合わせることで、安定した運用を実現しています。

一般的な不動産投資と東京リードファンドの違い

一般的な不動産投資 東京リードファンド(不動産特定共同事業)
初期費用 一般的に不動産の購入には数千万円〜の資金が必要にります。なかでも都心の一等地の物件となると、需要が高いことから人気もあり、数億円を超えることも多くあります。また、銀行から借り入れたとしても、ローン審査が必要で、ハードルが高い部分があります。 東京リードファンドは、不動産特定共同事業のため、100万円から出資することができます。
そのため、借り入れなどに頼ることなく、余裕資金の範囲で不動産投資を行うことが可能です。
オーナー
リスク
不動産の取得後は、賃借人の募集や賃料の集金、公共料金や固定資産税の支払い、建物の修繕や清掃など、不動産の価値を維持するために適切に管理をする必要があります。また、想定していなかった修繕や改良などが発生した場合、更に追加資金が必要になります。 東京リードファンドでは匿名組合方式を採用しています。そのため固定資産税の支払いが不要なほか、オーナー業務は管理会社が代行するため発生しません。また、優先劣後出資やマスターリースを導入しており、空室リスクや不動産の価値下落リスクを最小化しています。
現金化の
しやすさ
不動産の取得、売却には仲介業者に依頼する必要があり、手間と手数料がかかります。
一度不動産を取得すると、償却などを考えると長期的に保有するほうがメリットが有る場合もあり、必ずしも資産の流動性が高いとは言えません。
東京リードファンドは、ファンドにもよりますが、短ければ数ヶ月、長くても3年程度の運用となります。
また、一括償却するファンドだけでなく、運用中も利益を分割配当するファンドも展開予定です。

一般的な不動産投資と東京リードファンドの違い

初期費用
オーナー
リスク
現金化の
しやすさ
一般的な不動産投資

一般的に不動産の購入には数千万円〜の資金が必要にります。なかでも都心の一等地の物件となると、需要が高いことから人気もあり、数億円を超えることも多くあります。また、銀行から借り入れたとしても、ローン審査が必要で、ハードルが高い部分があります。

東京リードファンド(不動産特定共同事業)

東京リードファンドは、不動産特定共同事業のため、100万円から出資することができます。
そのため、借り入れなどに頼ることなく、余裕資金の範囲で不動産投資を行うことが可能です。

一般的な不動産投資

不動産の取得後は、賃借人の募集や賃料の集金、公共料金や固定資産税の支払い、建物の修繕や清掃など、不動産の価値を維持するために適切に管理をする必要があります。また、想定していなかった修繕や改良などが発生した場合、更に追加資金が必要になります。

東京リードファンド(不動産特定共同事業)

不動産の取得、売却には仲介業者に依頼する必要があり、手間と手数料がかかります。
一度不動産を取得すると、償却などを考えると長期的に保有するほうがメリットが有る場合もあり、必ずしも資産の流動性が高いとは言えません。

一般的な不動産投資

不動産の取得、売却には仲介業者に依頼する必要があり、手間と手数料がかかります。
一度不動産を取得すると、償却などを考えると長期的に保有するほうがメリットが有る場合もあり、必ずしも資産の流動性が高いとは言えません。

東京リードファンド(不動産特定共同事業)

東京リードファンドは、ファンドにもよりますが、短ければ数ヶ月、長くても3年程度の運用となります。
また、一括償却するファンドだけでなく、運用中も利益を分割配当するファンドも展開予定です。

優先劣後システム

東京リードファンドは不動産特定共同事業を採用しており、対象不動産に対して営業者と事業参加者がそれぞれ出資を行い、出資持分に応じた利益が分配されます。
事業参加者の出資元本の安全性を高めるため、優先劣後システムを採用し、お客さまの出資元本を優先的に守ります。
お客さまに出資いただく優先出資枠は、賃貸利益の受け取り・償還時の出資金返還において、劣後出資者より優先されます。
※出資比率はファンドごとに異なります。

優先劣後システム

資産管理会社による家賃保証

出資者への配当は賃貸借契約者の賃料を原資としており、万が一空室ということになると、配当の原資が損なわれてしまいます。
東京リードファンドでは、出資元本の保全性を高めると同時に、出資者への配当をより確実なものとするために、運用期間における資産管理会社による家賃保証をしております。

これにより、空室による無配当のリスクを抑制し、出資者の皆さまに安心して投資していただけるような商品を提供しています。
※出資比率はファンドごとに異なります。

資産管理会社による家賃保証

東京リードファンドの利率

東京リードファンドの利率
東京リードファンド J-REIT 定期預金
年利回り
想定5.0%(税引前)
-
3.05%程度(REIT平均)
0.002%程度(国内大手銀行の例)
特徴 法により元本保証はないが、
優先劣後、マスターリースにより
安全性を高めている。
利回りが他の商品と比べて高い。
株価が毎日変動するため、
高い利益を生む場合があるが、
元本割れや無価値のリスクも同様にある。
株式同様、毎日変動するため、
高いリターンがある可能性があるが、
リスクも同様にある。
いつでも出し入れできる上、
元本は保証されているが、
圧倒的に金利が低い。

※利回りはファンドごとに異なります。詳しくは各ファンド詳細をご確認ください。※数値は2021年7月現在

メリットとデメリット

メリット

不動産の所有/管理が不要

東京リードファンドの投資家は、不動産を管理する必要がありません。不動産の管理、運用は事業者・委託会社で行い、追加の費用は発生しません。

リスクの軽減

事業参加者の出資元本の安全性を高めるため、優先劣後システムを採用し、お客さまの出資元本を優先的に守ります。さらに空室保証を組み合わせるため、空室のリスクを軽減しています。

景気に左右されにくい投資

株や不動産投資信託(Jリート)は経済市場や景気により日々取引価格が変動します。東京リードファンドは、景気変動の影響を受けにくい不動産、さらに需要の高い都心の不動産に絞ることで景気のリスクを受けにくくしています。

デメリット

元本保証がない

投資商品であるため、法により元本を保証することはできなくなっています。

天災リスク

不動産は、天災により建物が損害を受ける可能性があります。

まずは無料で資料請求